CSR(企業の社会的責任)への取り組み

紙小津産業株式会社ではCSR(企業の社会的責任)を果すためには「品質・環境」に対する取り組みが重要課題と考え、当社の事業活動を通じて、その実現に向けたさまざまな取り組みを実施しております。

「品質・環境」への取り組み

当社は2002年に品質マネジメントシステムの国際規格「ISO 9001」を認証取得、絶えず変化する顧客のニーズを的確につかみ、さらなる顧客満足の追及に努めています。

2005年には環境マネジメントシステムの国際規格「ISO 14001」も認証取得し、環境への負担低減、環境保全の向上にも努めています。

■ 品質マネジメントシステムJIS Q 9001:2015 適合組織検索ページ 
■ 環境マネジメントシステムJIS Q 14001:2015 適合組織検索ページ

品質基本方針

当社経営の基本理念にある「顧客の全てに満足を贈る」ことを実現させるために、「結局は品質」であることの強い信念と実行力を持って、100%良品を顧客にお届けすることを目的とする。

品質実施方針

私たち販売・製造業に携わる者にとって最大の責務は「品質の評価はお客様が決定される」との原則の下に、良品を提供するシステムを構築・維持・発展させることである。

①品質マネジメントシステムの維持・向上を通じて、品質マネジメント体制の改善と品質レベル向上を図る
②この品質マネジメント体制を継続的に維持・改善してくために管理責任者を任命し、独立した権限と責任を与え、的確な品質マネジメントシステムの構築とその実施を図る

品質目標

年度毎の品質目標は、別に定める年度重点課題(品質目標)によるものとし、その指示徹底については、期首毎に開催する運営方針発表会にて行うものとする。更に、品質方針要旨の各職場への掲示により、方針の浸透・意識高揚を図るものとする。

2011年10月7日
紙小津産業株式会社
代表取締役社長 小津 雅美

環境方針

当社は、地球環境保全に努めることが人類の果たすべき使命と自覚し、当社のすべての活動については、環境に配慮して実施する。

当社の事業活動

当社は、印刷物の企画デザイン・印刷、紙器の構造計画及び加工業務又、商品包装資材、包装・店舗設備機器の販売を事業活動としており環境負荷を左右する商品の取扱が多いことが特徴である

活動方針

当社は、地球の温暖化、オゾン層の破壊、産業廃棄物、有害化学物質による汚染等、地球環境を取り巻く問題を受け止め、当社の事業活動を通じて、環境への負荷を極力減少させるため、汚染の予防を進め、以下の事項について環境保全の継続的改善に努める

  1. 環境に配慮した商品開発と、販売拡大に努める
  2. 省エネルギー、省資源に努める
  3. 廃棄物の削減に努める
  4. グリーン活動に努める

環境目標

上記事項の改善のため、目標を設定し、別に定める重点課題(環境目標)を作成して活動を推進し、定期的にその達成度を確認、見直しを図る。これにより環境保全の継続的改善に努める。
当社は事業活動に伴って適用されるすべての環境関連法規制及び当社が同意したその他要求項目を遵守する。

2009年1月21日
紙小津産業株式会社
代表取締役社長 小津 雅美